今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブルゴーニュ風晩餐会
vougeot村の畑の中にどーんと構えるclos de vougeot(クロドヴージョ)
12世紀にシトー派の修道士によって建てられた修道院で、彼等の功績によってブルゴーニュワインの名声が広がったといっても過言ではありません。
現在はcofrerie des chevaliers du tastevin(よくブルゴーニュワイン騎士団と訳されるようですが)というブルゴーニュワインの普及を目的に結成された協会の所有となっています。
その歴史ある建物で催された晩餐会に運良く足を踏み入れることができたので、ちらっとこの場を借りてご報告。

c0067025_631753.gif


会場(食堂)は元ワイン貯蔵庫だったところ。その夜はなんと600人近く集まったのですが、ながーい木のテーブルに向かい合うように席が設けられ、両隣の方々とは肘が触れ合うくらいの親密度(笑)
しかし、この雰囲気が皆で美味しいワインと料理を楽しもうという気分を盛り上げてくれます。

さて肝心の料理、というより圧巻だったのがそのサービス。
なんと前菜以外の全ての料理が大皿に盛られ、給仕人が個々のお皿に盛り付けてくれるのです。しかもチーズも何種類か盛ったプラトーから好みのものを切り分けてくれるというこだわりよう!!なにせ、その日の客人は600人ですからね〜、給仕人のきびきびとした動きは目をみはるものがありました。

そして、今回実は楽しみにしていたのが、Les cadets de Bourgogneと呼ばれるおじさま達(左上の写真)。
彼等はブルゴーニュワインにまつわる歌をそのすばらしい歌唱力をもって披露しつつ、時にはユーモアのあふれた小ばなしを交えて、宴を盛り上げてくれるのです。
フランス版たいこ持ちといったところでしょうか(?)
その愉快な歌声とともに食事は楽しくすすみ、皆が打ち解け、デザートの頃には自ずと歌を口ずさむ始末。

冒頭に晩餐会と書きましたが、全く仰々しくなく、むしろ暖かな雰囲気の中、卓を囲んだ全ての人が幸せな一時を過ごしたことと思います。
外国人の私も改めてフランスの食文化の懐の深さを認識した次第です。

*その日のメニュー*()はワイン

Les Cassolettes d'escargots de Bourgogne en feuillete
(Bourgogne Aligote des Hautes-Cotes 2003)

Les Supremes de Sandre au Verjus
(Pernand-Vergelesses 1998)

Les Sot-l'y-laisse de Voraille a la Lie de Vin
(Bourgogne Hautes Cotes de Beaune 1998 Tastevine)

Les Bons Fromages de Bourgogne
(Geverey-Chambertin 1999)

Les Fruits Rouges Glaces en Tastevin Nougatine
Les Petits Fours
(Cremant de Bourgogne)

Le Cafe Noir et Chaud
(Le Vieux Marc et la Prunelle de Bourgogne)
[PR]
by biquette | 2005-10-20 06:08 | おでかけ
<< Vezelay 2005年秋 >>