今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:未分類( 14 )
水遊び
c0067025_18334130.jpg

毎日暑い日が続いています。
ディジョンの街の中にいては、余計暑さがこたえるので、相方の田舎に涼みに行ってきました。
ジュラ地方の片田舎にある家の裏には川が流れていて、相方も小さい頃にはよく泳ぎにきたそうです。日曜日も地元の子供連れの家族がいっぱい来ていました。
川の水がとても冷たくて気持ちのいいこと!
中には、釣りやカヌーを楽しんでいる人も。それから、少し大きな子供たちが橋の上から次々と飛び降りているのにはびっくり。のどかな田舎の風景をバックにまるで映画のワンシーンのようでした。
私達も、川辺で即席のお弁当を広げてピクニック。少し泳いだり、石の上でぼーっとしたり。川の流れをみているだけで、30度を超える暑さから解放された気分になれるのだから不思議です。

未だに冷房がないお家が多いフランス。でもこういう風に夏を過ごすのも悪くないかも!?
c0067025_18372087.jpg

[PR]
by biquette | 2005-06-27 19:12
Gilly-les-citeaux
日曜日は、友人の住むGilly-les-citeauxという村でお祭りがあるというので、出かけてきました。
c0067025_0103789.jpg

村の住人主催で、村内の3件のお宅のりっぱな庭や教会を使って、コンサートや朗読、エキスポジションが行われていました。

今までは塀に隠れて見たことがなかったお隣さん家のお庭。なんとも不思議な感じがしましたが、どのお庭もと〜ってもステキでした。大々的な宣伝なしの催しなので、こじんまりとアットホームな雰囲気で、どちらかというと町内会的なのもよかったです。

そうして、村の会場をあちこちまわっていると、かわいらしい村の女の子がパニエを持って、道行く人に声をかけてはそのパニエを持たせています。どうやら、このパニエの重さを言い当てた(一番近い人)人にパニエの中身を賞品としてくれる、というゲームのよう。おもしろそうなので我々も参加することにしました。
優勝者はお祭りの最後に発表とのこと。

さて、結果は?
[PR]
by biquette | 2005-06-12 00:04
Didierのおうち
今日はディジョン郊外に住むディディエのお家にふらっと行ってきた。
彼の住む家は、なんと手作り!
数年前にお化け屋敷みたいな家を破格で買い、当時の彼女とこつこつと作り上げたお家。
c0067025_16475759.jpg


この辺ではあまり見かけない赤煉瓦の家。なんだか3匹のこぶたのおうちっぽい。裏には林が広がり、1日に朝夕2度は愛犬と一緒に散歩をするのだそうだ。
ちょうど庭仕事をしていた彼が、自家菜園を案内してくれた。じゃがいも、人参、サラダ菜、トマト、ルバーブ、フランボワーズ・・・なかなかたいしたものだ。
多少の不便さはあるものの、この地での暮らしを満喫している彼。
私にはこういう風に暮らすほどの気構えはまだできていないので、彼の家に遊びに来ることで十分満足させてもらっている。

庭でお茶をいただいた後、お隣の乗馬クラブの馬たちを見学させてもらった。
ブルゴーニュにはたくさんの乗馬クラブがあり、競技だけでなく、森の中を馬でお散歩したりするのだそう。
馬も人もなんてのびのびしているのだろう。

帰り際、庭のきれいに咲いたバラ(白いのはとってもよい香りだった!)とサラダ菜を持たせてくれた。ありがとうディディエ!
[PR]
by biquette | 2005-06-05 06:04
ハーブの苗
c0067025_4474856.jpg


この時期にはマルシェに、ハーブやトマトの苗を売りに来るスタンドがいくつか出る。苗専門に売りに来る人もいれば、普段は野菜を売りに来ている農家さんが、脇でじぶんとこの苗を売っていたりもする。
道を行き交う人達の中には、大きな木箱にいっぱい苗を抱えていく人も。フランス人もわりと庭仕事が好きな人が多いから、今月は庭いじり月間だろうな。

さて我が家も、どうせ同じ値段なら生産性のある根っこ付きの苗を買ってみるか(ケチくさいね)、ということでシブレット、タイム、エストラゴンなんかを物色しにいったつもりが、なぜか持ち帰ったのはプチトマトの苗・・・。
アパート住まいだというのに、いくら多少日当たりが良いところに置いたところで、ほんとにちゃんと育つのだろうか???うちの屋内ミニガーデン(相方担当)の新入りの成長を陰ながら応援しようと思う。
で、私は来週こそハーブを買うぞ!
[PR]
by biquette | 2005-05-21 05:25
Carafe
c0067025_17361654.jpg


ノートルダム寺院の裏側に(以前紹介したmaison milliereを更に進んでいくと)通称アンティーク通りという、骨董商が軒を連ねる一帯がある。
ここらの建物も木組みでできており、地区そのものがアンティークといった感じだ。
普段特に用事がなくても、その雰囲気に誘われてふらりとすることが多い。ウインドウを見ながら、あんなテーブルやチェストを置いたらステキだなぁ、などと妄想をめぐらすのもまた楽しいものだ。

上の写真もその中の一軒のウインドウ。
凝った細工のCarafe(ワインをうつすためのデカンタ)に目を奪われて、その下を見ると、ずらっと並べられたデカンタの蓋。
こうやっていろんな形が並べられている様は、宝石みたいでとってもきれい。
[PR]
by biquette | 2005-05-18 17:40
Les halles de Dijon
c0067025_2153421.jpgc0067025_3144252.jpg











ディジョンの屋内市場は、それまで市内の広場に散在していた青空市場を、屋根の付いた一つの建物に集結させるのを目的として建てられました。現在のスーパーの原型といったところでしょうか。
その屋内市場建設にあたり設計図を募った結果採用されたのが・・・・

なんと
[PR]
by biquette | 2005-04-26 21:56
Maison Milliere
ディジョンのノートルダムは以前紹介した仕掛け時計以外に、教会の北の壁に彫り込まれた幸運を呼ぶフクロウ(chouette)で有名です。
私のまわりのディジョンっ子によると、いろいろ作法(?)があるものの、どうやら左手でフクロウにさわると幸運が訪れるというのは共通しているようです。(中には願い事をしている人もみかける)
さて、そのフクロウの横を通り過ぎると、めざす建物が現れます。

c0067025_16592227.jpgmaison milliere
1483年に商人ミリエールさんによって建てられたものです。
歴史的建造物に指定されていて、正面の石のベンチ(待合い席のように使われていたらしい)など、当時の様子が垣間見られてタイムスリップした気分です。
また、ここは映画「シラノドベルジュラック」の撮影にも使われたことで有名です。
現在、1階は土産物屋とカフェになっていて、裏庭でお茶することもできます。

c0067025_17004.jpg
裏手から階段を上がると、サロンドテが。
ここでは簡単な食事もできるほか、ティータイムは禁煙のサロンとして使われています。ディジョンにいらっしゃる方には是非おすすめのカフェです。




c0067025_1702312.jpg
おまけ
ここの屋根を見上げると、にゃんこが!
これ、作り物ですが、猫の視線の先にフクロウ(と思う)が見えるのがなんともユーモラスだと思いませんか?
[PR]
by biquette | 2005-04-23 17:31
いちごミルク
c0067025_18193733.jpg


最近ようやくGariguetteが手に届く値段になってきたのでお買いあげ。
1キロ買ったのが、あっという間に半分に。

今朝はいつもより少し早起きして、いちごミルクをつくりました。ちょっぴりハチミツを加えて。

・・・小さいときによく飲んだなつかしい味。
なんだか朝からほんのちょっと体によいことをした気分。
[PR]
by biquette | 2005-04-14 19:02
まったり・・・
最近重い雲がのしかかってどんよりとした天気なのですが、
ちょっと晴れ間がのぞいた隙にいざお散歩へ。
ちょっと肌寒いので暖をとりにいつものカフェへ・・・

c0067025_1754228.jpg
1階やテラスは待ち合わせをするディジョンっ子でいつもにぎわっているこのカフェ。
でも私のお気に入りは2階のこのサロン。木組みの梁の天井、写真ではよく見えませんがアンティークっぽいシャンデリア、使い込まれて飴色になったテーブルなど、とても落ち着く空間。しかも禁煙。

c0067025_17545198.jpg
ここはSalon de theとうたっているだけあって、紅茶はすべてマリアージュフレールのものでリストもなかなかのものです。気に入った紅茶が見つかれば、量り売りもしてくれます。
今日は黒い革張りのベンチ(これまたステキ!)でSAKURAという桜のフレーバーの煎茶をいただきました。そしてゆっくりと心地よい時間がすぎていくのでした・・・
[PR]
by biquette | 2005-04-09 17:51
私的ディジョン名物 2
c0067025_20192698.jpgディジョンの市庁舎の裏に位置するノートルダム寺院。正面にずらっと並ぶガーゴイル(怪物)にまず驚く。そして上を見上げると・・・
かわいらしい仕掛け時計が見える。これはジャックマールと呼ばれていてディジョン市民に愛されているらしい。そして当初独り身だったジャックマールに伴侶のジャックリーヌが迎えられる。その後彼らの子供たち(ジャックリネットだったかな?)も付け加えられ、現在4人家族。今後の家族計画は未定(笑)


c0067025_210577.jpg
そして、ノートルダムから少し歩いたところにあるお店。
ここに今日紹介するお菓子があります。
その名も「ジャックリーヌ」
はい、前述のジャックマールの奥様の名前がついているのです。


c0067025_2111920.jpg
これ、パッと見た感じは、フランスでお祝い事の時に用意するドラジェ(アーモンドを砂糖でコーティングしたお菓子)にそっくりです。
ジャックリーヌは中がヌガーみたいなもので、味も何種類かあったように思います。
このお菓子の存在、実はつい最近になって知りました。包装もかわいらしくて、今度知人のジャックリーヌのお家に遊びに行くときにお土産にしようと決めています。
[PR]
by biquette | 2005-04-02 20:30