今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:ごはん( 32 )
スズキのオーブン焼き
c0067025_6343274.jpg
fenouil=ういきょうはその爽やかなアニスに似た香りが特徴のお野菜。
そのままスライスしてサラダにしても、火を通してもおいしい。
私はよくセロリ代わりに使ったりします。


c0067025_635137.jpg
今回はスズキと一緒にオーブンへ。スズキの腹にはタイムとニンニクを詰めて。
お皿の上で焼きトマトをつぶせば即席ソースのできあがり。
Bon appetit!
[PR]
by biquette | 2005-04-13 06:47 | ごはん
鴨カブ
昨日の夜ごはん

c0067025_1861530.jpg


これは鴨の胸肉を使って作ることが多いのですが、昨日はもも肉でやってみました。
鴨と言えばネギ!ですが、田舎の農家さんに大量にいただいたカブを消費すべく今回はカブの付け合わせです。いただいたカブは頭の方が薄紫色をしたもの。他に真っ白のものもマルシェでよく見かけます。

鴨を皮目を香ばしく焼き上げて、そこにポワローの青い部分とニンニク、それにカブを投入。ちょっと一緒に炒めたところに、ポルト酒と赤ワインを加えて煮詰めてから鶏のだしを加えて野菜と肉に火が通ればできあがり。
あと、邪道といわれようが、この和風バージョンでお醤油&赤ワイン&砂糖少々でやることもよくあります。
トッピングはパセリなり、ゆず胡椒なり、あさつきなりお好きなもので。

カブが鴨からでるだし汁を吸い取ってうまい!鴨よりカブばっかり食べてしまうのでした・・・
[PR]
by biquette | 2005-04-07 18:26 | ごはん
うち風couscous
先週からずっと食べたかったクスクス。
いつも以上に大量に作り、心ゆくまで堪能しました・・・満足(満腹?)

c0067025_3551179.jpg


なぜ、うち風かというと・・・
お肉は豚肉を使っているから。

この料理のお里はイスラム教の文化の国ですから、豚肉なんてもってのほか!
な訳です。ですから普通は羊肉とか鶏肉を使います。

でも、個人的に豚肉のクスクスが一番好きなので。
今回は肩肉の塊を買って、適当な大きさに切って、ズッキーニ、カブ、人参、タマネギ、あと大豆を入れて煮てみました。私が使うスパイスは、コリアンダー、クミン、丁字、シナモン、チリパウダー。これにニンニクとショウガのみじん切りを加えます。
いつも目分量なのですが、最近自分が思うよりやや少なめに入れるようにしています。以前スパイス類を順にドバドバ加えたせいで修正不可能になり大失敗したからです(苦笑)。配合によっても味の奥行きの出方が違うし、香辛料、奥深いです。

とろける豚肉と野菜の甘みにスパイスの効いたスープ。やっぱり大好き!
[PR]
by biquette | 2005-04-04 04:31 | ごはん
あん肝の白ワイン蒸し
今日は魚屋にてあん肝発見。
たまに出くわすこともあるが、まだまだ貴重なあん肝様。
こういうのを見つけると悪い癖が・・・
勢いで買ってしまった。

というわけで本日の昼ごはん。

c0067025_5543175.jpg

白ワインで蒸して、ふろふき大根もどきを添えて。
おしょうゆにレモンを搾っていただきました。
薬味はやっぱりあさつきがよかったなぁ。
[PR]
by biquette | 2005-04-01 05:43 | ごはん
イカ炒めピストゥー風味
本日のお昼ごはん。

c0067025_20541465.jpg

何てことはない、冷蔵庫の残り物野菜とイカを、これまた出来合いのソースピストゥーで味付けしたもの。(なんか書きながらちょっと情けなくなってきた・・・)

ピストゥーはイタリア惣菜屋さんのもので、先日初めて購入したもの。バジルとニンニクとオリーブオイル(私の認識ではこれでピストゥーだと思っていたんですが)にパルミジャーノと松の実が入ったもの。これってジェノベーゼですよね。要はピストゥーとジェノベーゼは同じものってことだったんですね!?

ともかく、この万能ソースのおかげで、残り物達がちょっとした1品に変身してくれて助かりました。
はやく自家製のをつくりたいな。



余談
うちの相方はどうやらイカとタコの区別がついていなかったことが判明。いい年こいた大人にこんなこと説明することになろうとは思わなかった・・・(冷汗)
[PR]
by biquette | 2005-03-29 20:55 | ごはん
Navarrin d'agneau
相方の希望で久しぶりにNavarrinをつくる。
この料理もフランスのマミー(おばあちゃん)料理の一つ。子羊をいろんな野菜とトマト風味に煮込んだもの。子羊でも特に春先のAgneau de lait(乳飲み子羊)が美味しいからか、この料理は春のイメージ。
c0067025_18341688.jpg

一度にいろんな野菜を楽しめるのもうれしい。
私の独断と偏見で、Navarrinに欠かせない野菜は、トマト(!)、カブ、小タマネギ(昨日は忘れてしまった。汗)、豆類(青物)。
今回は他に人参、ジャガイモ、ズッキーニを投入。
いっぱい野菜がとれて、しあわせ。
[PR]
by biquette | 2005-03-25 18:50 | ごはん
ポワローネギとホタテのマリネ
フランスの常備野菜の一つに、このポワローネギも入るのではないかな?
ソースや煮込み料理などいろんな形で使われる万能野菜だ。
今回は、ポワローネギが立派な主役の一品。ホタテの横で堂々としたものだ。

調理法はいたってシンプル。白い部分を塩とビネガーでゆでるだけ。(青い部分も勿論捨てずに次回ソースなどに利用)
ホタテも同様だが、火を入れすぎないように注意する。
茹でたポワローとホタテは別に用意しておいたマリネ液につけ込んで冷蔵庫に放り込む。味がなじめば(2,3時間?)できあがり。
ちなみに今回のマリネ液は粒マスタード、塩、シードルビネガー、蜂蜜少々(最近ハチミツずいてますね)で。仕上げにクルミオイルをふりかけると断然風味がよくなるのでおすすめ。
この料理は下仁田ネギでやってもおいしそう。
c0067025_19234427.jpg

[PR]
by biquette | 2005-03-23 19:06 | ごはん
かれいのムニエル
金曜日はキリスト教徒(カトリック?)は魚を食べる日らしく、魚屋に出ている魚の種類も1週間のうち一番充実している気がする。
今朝は魚屋の主人にLimande soleをすすめられるままに購入。ちょっと小振りの皮が薄い茶色をしたカレイで、日本のナメタガレイに近いようだ。煮付けにすると美味しいそうだけど、今日の気分はムニエルで。付け合わせに根セロリのピュレといんげんと赤ピーマンの炒めたのを添えて。ソースはオリーブオイルにケイパー、そして今日は最後にレモンとオレンジも一緒に搾ってみた。オレンジの風味は赤ピーマンとも相性がいいみたい。
おまけに今日のカレイは子持ちでちょっと得した気分。
c0067025_21503645.jpg

[PR]
by biquette | 2005-03-18 20:48 | ごはん
crepe, crepe,crepe!
c0067025_2301819.jpg なぜか、天気のよい日の昼は、けっこうな確率でクレープが食べたくなる。今日もうってつけの快晴!早速生地作り開始。そば粉のクレープ生地は小麦粉のそれに比べるととっても粘りがあるので、いつもついつい牛乳+シードルを入れすぎてしまう。具は、今回はハム、チーズ、たまご、シャンピニオンで。ちなみにサーモン、シェーブルチーズ、ディルクリームも私のお気に入り。
デザートももちろん、最近はまってるレモンクレープで。レモン汁とバターと砂糖だけのシンプルなもの。あっという間にぺろりとたいらげてしまい、2枚目おかわり(笑)
さすがに苦しい。。。天気もいいし、散歩にでも行くとしますか。
[PR]
by biquette | 2005-03-14 14:27 | ごはん
キャベツいろいろ
c0067025_251944.jpgこの時期八百屋さんにごろごろ並んでいるキャベツ。今朝はchou frise,vert(ちりめんきゃべつ)と chou pointu(とんがり?きゃべつ)を買ってきた。”とんがり〜”の方は面白い形をしているけど、日本のキャベツに似ていて、千切りにしてサラダにしたり、炒めたりするのに使える。もう一方の”ちりめん〜”はことこと煮込んではじめておいしさが味わえるもので、生食には向かない。この他にもchou blanc(日本のキャベツっぽいが詰まった感じ) chou rouge(紫きゃべつ)なども見かける。

c0067025_2514421.jpgそして今日のごはんはちりめんキャベツとモンベリアールソーセージの煮込み。全部放り込んで水で煮込んだだけだけど、野菜とソーセージから旨味が出ておいしい。まだ寒い日が続いているので、もう少しこんな料理を楽しめそうだ。
[PR]
by biquette | 2005-03-09 03:15 | ごはん