今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:季節もの( 10 )
小さな枕
c0067025_2122643.jpg

2月28日はMardi gras(謝肉祭?)でした。
この時期はニースのカーニバルが有名ですが、もちろん他の地方でも子供たちが仮装してカーニバルを楽しみます。

当日の朝はちらほら雪が降り、昼過ぎにお日さまがのぞいたところで今度は紙吹雪!
仮装した子供たちが紙吹雪を通行人の頭に向かってふりかける、ふりかける。
家に帰ってコートを脱いだら、ひらひらと色とりどりの紙吹雪が舞い落ちて、なんだかおかしくなってしまいました。

さて、Mardi grasといえば、ベニエ(揚げ菓子)。
Fantasies(ファンタジー),Merveilleux(メルヴェイユ)などと呼ばれています。
ドーナツより軽めの生地をそのままスプーンでおとして揚げたようなのが一般的かな?
それとオレンジの花の風味がするのもよくあるかも。

上の写真はoreillette(オレイエット)。
今まで気付かなかったけど、これもどうやらMardi grasのお菓子のよう。
oreillette=小さな枕、というのはこの形からでしょうか、薄ーいパイ生地(これもオレンジの花の香りが)の上に、これでもかというくらい粉糖がかけられています。

サクサクのオレイエットとヴェルヴェンヌ(ハーブティー)を飲みながら、春はいったいいつやってくるのかしら、、、などと思うのでした。
[PR]
by biquette | 2006-03-01 21:51 | 季節もの
Epiphanie
c0067025_22202328.jpg

今日はエピファニーといって、キリストの誕生を祝いに東方の三賢人がベツレヘムを訪れた日。

そして、この日に食べるのがGalette des Rois(ギャレットデロワ=王様のパイ)というお菓子。アーモンドクリームを中に詰めたパイで、フェーヴという小さなオブジェが中に隠されています。切り分けられたパイの中からフェーブが出てきた人が、その日の王様もしくは女王様。

この遊び心があるお菓子、楽しいだけではなくて、おいしい!私の好きなケーキのひとつ。
毎年、1台では終わらず、必ず何回か買いに行ってしまいます。
お店によって味もフェーブも違うので、それも買う楽しみだったり。

本日、今年一番目のギャレットは毎年買うお店のもの。ここのはパイもクリームも軽めなので、一人で半分(4人用の=つまり2人分)食べてしまったとさ。。。

そしてお楽しみのフェーブは
[PR]
by biquette | 2006-01-06 22:47 | 季節もの
年の初めに
c0067025_20425943.jpg

2006年、新しい年が始まりましたね。
クリスマスから昨日まで食べに食べた年末年始で、やや食傷気味ですが、、、今年もぼちぼち食日記を綴っていきたいと思います。

今年初めの昼食は、お雑煮!といきたいところでしたが、フランス式にレンズ豆。
なぜレンズ豆かというと、フランスでは年の初めにレンズ豆を食べると、その年はお金に縁がある、という言い伝えがあるから。ちらっと、日本のおせち料理が頭によぎりましたが、”まめ”→健康だから、ちょっと違いますね。
この日は、フランスのおかあちゃんの手によるレンズ豆と燻製豚の煮込み。
もう食べられない、といいながらおかわりまでしたりして(汗)。

今年も健康でおいしいものを楽しくいただけますように!
[PR]
by biquette | 2006-01-02 21:01 | 季節もの
Joyeux Noel
c0067025_21243191.jpg

[PR]
by biquette | 2005-12-25 21:24 | 季節もの
冬のマルシェには
c0067025_5334593.jpg


こんなものも売られています。

子供のときに、クリスマスツリーといえば、うちでは作り物の電飾付きのツリーを毎年押し入れから出してきて、、、という風だったのですが、やっぱり生のもみの木はそれはそれでいいですよね。毎年少しずつオーナメントを買い足していくのも楽しいです。

今年も、一番大きいサイズのもみの木を買ってきました。
さぁ、重い腰をあげて飾り付けしないと。(やりはじめると楽しいけど)
[PR]
by biquette | 2005-12-12 05:45 | 季節もの
Saint Nicolas
c0067025_562150.jpg

夕方、夜ご飯の準備をしているところに、階下の女の子が小さな包みを持ってやってきました。包みの中にはサンタのチョコレートとパンデピスが。
そこで、今日がSaint Nicolasということにやっと気が付きました。

この日は、良い子にしていた子供たちがチョコレートなどのおかしをもらえる日。このSaint Nicolas(聖ニコラ)にはいろいろな伝説があり、サンタクロースのモデルという説も???
確かに子供たちにとってはクリスマス前夜祭みたいなものかも。
ただ、この習慣、どうもヨーロッパの中でも北の方の習慣のようで、フランスでも北部(ブルターニュ、リールのあたり、アルザスなど)に見られます。
そのため、ここブルゴーニュでは一般的ではないようです。
階下の女の子のお母さんはブルターニュ出身なので、毎年用意しているらしく、今年はうちにもお裾分けとなったわけです。

さて、どちらかというと渡さなくてはいけない私がお菓子をもらってしまい、なんだかそのまま女の子を帰すには気が引けたので、なんとかあり合わせのチョコレートを袋に詰めて渡しました。とりあえず喜んでくれたのでよかった。来年は忘れないように用意しておこう、、、かな?
[PR]
by biquette | 2005-12-07 05:17 | 季節もの
いちご・イチゴ・苺
c0067025_17362914.jpg

5月の終わり頃から地物のいちごが出回っていましたが、もうこれで今シーズンは最後のよう。
毎年買っているAuxonneの農家さんの苺は土がついたまま売られていて、まさにもぎたて!で、品種はどうやらあのガリゲットですが、味わいは似て非なるもの。こちらの方が、いちごの風味が男っぽいというか、土っぽさ(いやしっかり洗ってますよ、もちろん)とか、やや鉄っぽい感じがするのです。
と、御託を並べてみましたが、おいしいのに変わりはありません。

そして、このおいしい苺、いくら最後で名残惜しいとはいえ、相方が買ってきた量をみてびっくり!なんと5キロですよ!!!うちって2人家族でしたよね、確か・・・汗。
おいしい苺さんたち、完熟で収穫されているため、あしもはやいので、うだうだ考えている暇はありません。とにかくひたすら下処理して、結果・・・・
ージャム10瓶
ー苺のムース6人分
ー苺ソース1リットル
残りはもちろんそのままで。

と、ここまでして、苺ってそのまま冷凍できるんですね・・・。
ええ、今年はもう十分苺は満喫いたしましたです。来年までさようなら〜。
[PR]
by biquette | 2005-06-07 17:36 | 季節もの
Pentecote
日曜日はPentecoteという、これまたキリスト教徒の祭日でした。
Paquesといえばチョコレートですが、どうやらこのPentecoteのお菓子もあるのを今年初めて知りました。それが、これ。
c0067025_17424557.jpg

平和の象徴のハト(la colombe)を飾ったアーモンド風味の焼き菓子。生地にメロンの砂糖漬けとオレンジのお酒をいれるようです。Gateau de pentecote とかLe Colombierとか呼ばれています。
こんな可愛いお菓子を買わずしてその場をさることができず、一番小さいのを買ってみることに。一緒に、白いハトにまつわるブルゴーニュ地方の言い伝えみたいなお話が添えられていました。
それによると、その昔、ブルゴーニュ公国のお姫様がPentecoteの朝に白いハトをお部屋の窓から見られたそうで、その次の日にフランドル王国の王子様とのご結婚が正式に発表されたそうな。以来、Pentecoteの朝に白いハトを見た女性は年内に結婚すると言い伝えられるみたいです。
宗教とはどうやら全然関係ないようですが、こんな言い伝えがあるんですね。

おまけ
[PR]
by biquette | 2005-05-16 18:19 | 季節もの
Muguet
c0067025_1954677.jpg今朝は快晴!久しぶりのおひさまに、気分も軽やかにマルシェへ。
週末でお天気だとすごい人。いつにも増してにぎやかな朝。いいね〜。
そして、今日はそこかしこで、muguet=スズランを売りにきている人達を見かけた。
フランスでは5月1日に春の訪れの象徴であるスズランを親しい人に贈る習慣がある。
何かと花を贈ることが多いフランスだけど、こういう習慣ってやはりステキだなぁと思う。


c0067025_1962361.jpg
まだつぼみのものが多いけど、いい香り。これなら明後日まで大丈夫(笑)。
そういえば、花売りのおばちゃんはこのスズランは幸運を呼ぶんだよ、って言ってたけど、ほんと?
[PR]
by biquette | 2005-04-29 19:24 | 季節もの
PAQUES
知人宅でチョコレートも山ほど食べて帰ってきたら、家にもありました、チョコ

c0067025_1843272.jpg


例に漏れず、無類のチョコ好きの相方が、今年は奮発して市内のM.O.F(Meilleur Ouvrier de France : フランスの優秀な職人に与えられる称号)のショコラティエで小1時間ほど並んで買ったらしい。
定番の卵型(中にもチョコが)に鶏(こっちは中が全部プラリネクリーム。濃厚!)、きれいな色した小さな卵はマジパンでできていました。
何かとチョコレートを食べる機会の多いフランスですが、こういう細工物のチョコレートはやはり目でも楽しめますね。いつか庭付きのお家でチョコレートの卵を隠したいものです(笑)

ちなみにこのお店、勿論チョコレートがメインですが、リンゴ、レモン、チョコレート、ナッツ風味など数種類あるキャラメルもおいしいです。
[PR]
by biquette | 2005-03-27 00:53 | 季節もの