今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:食材( 14 )
いろんなトマト
c0067025_634742.jpg

トマトの種類もたくさんあるフランス。
こちらのサイトでkumatoという名前のトマトが紹介されているのを見て、ここにもないかなぁとマルシェをぐるっと一回りしたら、ありました!

上の写真の手前右がそのkumatoです。
この食欲減退しそうな色がパッと目を引きます。そして値段も普通のトマト(写真手前左)よりも高い!どうも最近新しくスイスでできた新品種のようです。
味は・・・別に特筆すべきほどではありませんでした・・・。

そして、写真奥にあるのがmarmandeというフランス生まれのトマト。大きさは普通のトマトより随分と大きく、深く入った溝とぺちゃんとしたところが特徴。
今日はこのトマトを使ってトマトファルシ(肉詰め)に。
c0067025_6332977.jpg

このトマトファルシのお肉、こちらではお肉屋さんやシャルキュトリで、ファルシ用として売られています。しっかり味付けされているので、あとは好きな野菜に詰めるだけでOK。焼いたトマトは甘みが増してとても美味しかったです。
[PR]
by biquette | 2005-06-15 06:41 | 食材
Tripe
c0067025_69171.jpg


さてこれは何でしょう?
好きな方は、ひだひだでピンとくるはず。

そう、牛の胃です。でも、ここでおやっ?と思うのが、テリーヌ型のその外見。
牛の胃は煮込んで食べることが多いフランスで、あまり見かけたことがなかったテリーヌ。

どうやって食べるの?
[PR]
by biquette | 2005-06-11 06:38 | 食材
ヨーグルト選び
スーパーでヨーグルト売り場をのぞくと、その種類の多さにびっくりします。
いろいろな種類のフルーツヨーグルトの他に、チョコレートやキャラメル、ヴァニラなどのフレーバーもあったりして、選ぶのが大変です。

その中で、最近私の気に入っているヨーグルトをご紹介。
c0067025_20272253.jpg
これは、VraiというBIOの乳製品シリーズのヨーグルト。500mlの瓶に入っていて、写真のはバニラ味(他にnatureもあり)。最初はフルーツ系以外のフレーバーに抵抗があったのですが、これを食べたらやみつきに。Vraiってフランス語で”本物の”という意味があるんですが、その通り、本物のバニラビーンズが入っています!贅沢だな〜。
さらに、Brasse(かきまぜるの意)なので、口当たりが非常になめらかなのもポイントです。


c0067025_20395523.jpg
こちらはマルシェのお気に入りのcremerieのもの。
フレーバーはブルーベリー、イチゴ、チェリー、洋なし、フランボワーズ、アプリコット、リンゴ&シナモンがあります。
濃厚なミルクの味わいに、果肉入りの自然な果物の味わいがおいしい。
私がよく買うのはブルーベリーとアプリコットです。
[PR]
by biquette | 2005-06-10 20:47 | 食材
Colombo
c0067025_21235754.jpg

今日は朝からチキンカレーな気分。
グリーンカレーは最近やったし、今回はColombo風にすることに。
現地のものを食べたことがないので分からないのだが、フランスでコロンボ(スリランカ)風といえばカレー風味のもので、ココナツミルクを使って仕上げるのでかなりマイルド。最初に肉をレモンとか酢なんかでマリネしておくのがポイント。

さて、肝心のスパイスだが、今回は市場のスパイス屋にて調達してきた。
ここでは胡椒、丁字、チリ、クミン・・・などそれぞれ麻袋に入ったものを量り売りしてくれるのだが、その一角にお店でブレンドされたスパイスが並んでいる。これらは、クスクス用とかタンドリーチキン用とかいった具合に料理の名前が付けられている。その中にお目当てのColomboもあるというわけ。
Colomboはクミンやウコンをメインにしたブレンドだと思うのだけど、まずはこのブレンドをベースにして、慣れてきたら自分なりのさじ加減で調整してみるのもいいだろう。

今回はズッキーニとなすとジャガイモを入れて作った。本場のものも一度あじわってみたいなぁ。
[PR]
by biquette | 2005-05-15 23:27 | 食材
Rhubarbe
c0067025_4234241.jpg

ルバーブがマルシェで出回るようになりました。
去年は親戚の家の庭で採れたのをいっぱい頂いたのですが、その家を売りに出してしまったため、今年はおこぼれにあやかることなくマルシェで買ってきました。
このルバーブ、繊維質に富むので、日本では便秘薬の箱の裏に”大黄”の名で記されているのを見ます。
そのまま食べるととっても酸っぱいので、家ではとりあえずコンポートにして、その後タルトに使ったりとすることが多いです。
c0067025_437350.jpg

今日もまずはコンポートにして、ちょっとフロマージュブランと一緒にお味見。
そして、来客に備えてタルトを焼いたのですが・・・・失敗(泣)。久しぶりにアルザス風タルトに挑戦したら、どうもフィリングの卵がちょっと多かったみたいで、微妙に固い口当たり。次回リベンジ決定!
今日来てくれた友達から、ルバーブと苺の組み合わせも美味しいと聞いたので是非やってみようと思います。
[PR]
by biquette | 2005-05-08 05:22 | 食材
かぶの葉
c0067025_0423624.jpg最近ちょっとハマって食べていたのが、かぶの葉。きれいな葉が付いて売られているのを見ては、その葉欲しさに買っていた。それなのに、お店の人ときたら、まず葉を切り落とすかを聞いてくる。こちらではあまり料理に使われないようだ。それなら切り落とされた葉だけでも譲っていただきたいところだが、小心者の私は、それをお願いするまでには未だ至らず・・・


c0067025_0433574.jpg
こうして買ってきた葉付きのかぶは、もちろんまず葉からいただく。これはざくざく切って、豚肉とにんにくと一緒にごま油で炒めたもの。ごはんが進む〜。

c0067025_044360.jpg
そして、余った(笑)かぶの方は、赤ピーマンと一緒にエストラゴン風味の自家製ピクルスにしてみた。なんだか写真は福神漬けとらっきょうみたいですが。
ちょっとしたアペリティフ(つまみ)に出そうと思っています。
[PR]
by biquette | 2005-05-02 00:41 | 食材
Pissenlit
c0067025_18374476.jpg
c0067025_18384896.jpgc0067025_18391596.jpg








Pissenlitというのはフランス語でたんぽぽのこと。
春と言えば、このタンポポの葉のサラダ。

この日見つけたのは、もう大分緑が濃くて終わりの頃のものです。
それでも、今年はまだ一度も食べていなかったので早速買ってかえって、おばちゃんおすすめの半熟卵にベーコン、じゃがいもといっしょにサラダにしました。
ちょっと葉がかたいものの、思ったほど苦みはありませんでした。
私は知らなかったのですが、日本でも天ぷらなどにしてたべるようですね。
夜にはさっとゆでてごま和えにしていただきました。
火を入れた方が、若干苦みが増したのですが、その方が個人的にはおいしくいただけました。

それから、このPissenlitという単語はおねしょの意味があって利尿作用もあります。
この日の晩は効果覿面だったみたい(笑)
[PR]
by biquette | 2005-04-11 18:42 | 食材
Radis
c0067025_535663.jpg


日本でもよくスライスされてサラダに入っているあのラディッシュ。
フランス人もよく食べます。
でも、食べ方が豪快というか、シンプルというか・・・

ラディッシュは水洗いしたものを豪快にお皿に盛ります。
そして必ず横についてくるのが、粗塩とバター。
ラディッシュに塩つけてポリポリかじりつつ、バターをた〜っぷり塗ったパンを
ほおばります。普段朝食はともかく、食事中にバターをこんなに塗ってたべるのを
あんまり見かけないので、やはりラディッシュにはバターなんでしょう。

ラディッシュのあの独特のふわっと残る辛みをバターが和らげるのかな?などと理屈っぽく考えてみましたが、当の彼らはどうも習慣的にこうやって食べているだけみたいです(笑)暑い日にきりっと冷えたアリゴテか何かと庭先(ないけど。汗)で食べたいなぁ。
[PR]
by biquette | 2005-04-08 05:04 | 食材
Jambon a l'os
c0067025_18142629.jpg 
今日は私の好きなハムをご紹介。
Jambon a l'os=骨付きハム
なんだかAsterixにでてきそうなごっついハムですが、その名の通り骨付きのまま火を通しているわけですね。よく見かけるJambon blanc(いわゆる普通のハム)は骨を抜いた肉塊をtorchon(ふきん)でくるんで火を通すみたいです。
やはり骨付きで火を通すからか、まず肉のジューシーさが全然違います。しかも、骨付きなのでスライサーで切るわけにいかず、お店の人がその場でナイフでスライスするのですが、これまた厚みがデコボコ。事前に一応好みの厚さを聞いてくれるんですけどね(笑)でもそれまたご愛嬌で、その分厚いのにぎゅっとかぶりつくのがまた美味い!
これを、皮パリっ中もちっのバゲットにバターたっぷり塗って、コンテの熟したのと一緒にはさめば、いつもよりちょっとリッチなサンドイッチのできあがり。
これもってたまにはお外でランチ!
[PR]
by biquette | 2005-03-24 18:55 | 食材
Gariguette
c0067025_2592042.jpg今日も日中は20度ほどにもなり、小春日和を通り越して初夏の日差しだ。八百屋さんも、春の野菜や果物がぼちぼち顔を出してきた。

そしてその中にgariguetteの姿を発見!

c0067025_363147.jpg
初物の国産いちごといったらこれ!ガリゲットという、イカツイ名前とは裏腹に、小粒で、真っ赤に輝くそれはとってもかわいらしい。もちろん香りも甘みも十分で人気がある。今日見たのは、gariguetteにしたら大粒で、いつもにも増してその魅力をアピールしていてヒジョーにおいしそうだったが、値段も同じくらい輝いてた(笑)。南仏ではもうちょっと安いんだろうな。うちの食卓にのぼるのはもう少し先になりそうだ。。。
[PR]
by biquette | 2005-03-17 04:51 | 食材