今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:食材( 14 )
週末パリ散策(お土産編)
c0067025_736348.jpg

前日お土産として買ったはずが、どうしても我慢できなくて朝食で味見してしまいました。。。


左は友人お手製のリンゴのジャム、そしてお買いあげのバナナと蜂蜜のジャムにパイナップルとレモンと蜂蜜入りのジャム。

バナナの方はいかにも甘そう〜な想像とは違い、バナナと蜂蜜の風味がお互いを引き立てています。バナナジャム、初めていただきましたが、新鮮な感動。瓶によって色が微妙に違ったのだが、熟成に応じて色が濃くなっていくそうな。そういえば、ジャムを手作りしている人がその年も記入していたのは、やっぱりすぐに食べないで熟成させて食べるからだろうか。なんかワインみたい。

パイナップルの方はマーマレードみたいにつぶつぶしていて、こちらもフルーツの味が際だっていておいしい。

ちなみにここは蜂蜜専門店なので、この他にもアーモンドの蜂蜜を購入。
これからしばらくはタルティーヌに困らなさそうだ。
[PR]
by biquette | 2005-03-13 07:34 | 食材
夏の思い出
c0067025_6223772.jpg
去年の夏に南仏プロヴァンス地方を旅したときのお土産。
宿泊先からすぐ近くのMoustiersという中世の町並みがそのまま残る村のオリーブオイル屋さんでいろいろ試飲させてもらった中で衝撃的だった1本。たくさん試飲しすぎて舌も麻痺してきたころ、店のお姉さんに締めのデザートに、といって渡されたときには一瞬意味がわからなかったが、その香りで納得。なんと不思議なことにフランボワーズの香りが!これは勿論、あとから付けたものではなく、その土壌とオリーブの木によってもたらされるものらしい。オリーブオイルってそういえば果汁だったんだということを改めて思わせる。
さて、このオリーブオイル、今回はアボガドとエビのサラダにあわせてみた。エビと果物の組み合わせはクラシックなのでおいしくいただけた。今度は是非デザートに使ってみたいと思うけれど、、、、。
[PR]
by biquette | 2005-03-10 07:45 | 食材
cremerie
c0067025_2142113.jpg我が家ご用達のcremerie(乳製品を扱うお店)ここもやはり市場の中に店を構え、毎週火、金、土の午前中のみ営業している。牛乳はこうしてガラスの瓶で売られている。濃厚でほんのり甘いこのミルクで作るカフェオレは大好きだ。
c0067025_244135.jpgこちらはおすすめやぎのフレッシュチーズ。うちの家族のお気に入りで冷蔵庫に欠かすことがない。やさしい酸味、山羊チーズ独特のほろほろっとした食感にクリーミーさが共存した感じ。
この他にもヨーグルト(牛乳はもちろん山羊乳や馬乳!まであります)、バター、生クリーム(絶品!)、チーズ類、卵などがあります。ちなみにすべて無農薬(Bio)です。なんでもパリのラスパイユで毎週日曜開かれるBio市場にも行商に行っているそうですよ。
[PR]
by biquette | 2005-03-08 02:46 | 食材
moutarde
c0067025_1735559.jpgディジョンといえばマスタード。中でもディジョンの目抜き通りに面したこのショップは日本でも有名なブランド。フランスのスーパーに行けばどこでも目にするが、この写真のマスタードはショップのみで販売しているもの。生ビールならぬ生マスタードをその場で陶器の瓶に詰めてくれる。しかも最初にこの瓶でマスタードを買えば2回目からはその瓶を持っていけば格安のお値段で再補充してくれるのである。というわけで地元民の特権を生かし、空瓶を持っていっては詰めてもらっている。さて肝心のお味の方は、3種類、白ワイン風味、シャブリ風味、ヴェルジュと蜂蜜風味(これのみ粒状)どれにも共通するのはそのフレッシュで鼻をくすぐるような香りとこくのある味わいだろう。私はよくスタンダードな白ワイン風味のものを購入するが、これは日本の練り辛子を思わすようなつんとした辛みとは裏腹にまろやかさもあり、時にはおでんに添えることも。
ショップは現在パリのマドレーヌとここディジョンにあるのでお土産に是非お試しあれ。(上記のマスタードの味見も可能ですよ)
[PR]
by biquette | 2005-03-06 06:41 | 食材