今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:おでかけ( 17 )
*日本を満喫中*
やっぱり日本に帰ってくるとホットするなぁ。
ただ今日本をブラブラ旅行中・・・
[PR]
by biquette | 2006-04-25 18:25 | おでかけ
Auxerre
あっという間に4月ですね(汗)
こちらも先週末にサマータイムになり日は増々長くなり・・・
このまま一気に暖かくなってほしいものです。

先月ちょこっと足をのばしてAuxerreという町に行ってきました。
すてきな教会が印象に残るこじんまりとしたブルゴーニュの町です。


c0067025_5264681.jpg

c0067025_5271836.jpg

c0067025_5274678.jpg
c0067025_528246.jpg
c0067025_5285122.jpg
c0067025_529215.jpg
c0067025_5301495.jpg

[PR]
by biquette | 2006-04-01 05:30 | おでかけ
寒さの中見たもの
c0067025_22511291.jpg
c0067025_22502146.jpg
c0067025_2252041.jpg

[PR]
by biquette | 2006-02-28 22:52 | おでかけ
山のくらし
c0067025_2335966.jpg

St-Veranにきてなんとなく違和感というか、なつかしさというか、そんなものを感じたのはきっとこの村の家の佇まいからだと思う。

ヨーロッパの家は石造りのところが多いですが(木組みの古い家もあるけれど)、上の写真のようなつくりの家は、こちらにきて初めて見ました。
1階部分が石で、2階は木造。村のほとんどの家がこんな感じでした。
なんだか日本の白川郷みたいだなぁ、なんて思いながら歩いていると、、、

c0067025_22114669.jpg

築200年以上のお宅発見!
しかも、1976年まで実際に人が住んでいたとな。
見ると、家の中を一般に開放しているらしく、家の主のおじいさんに案内してもらうことに。

c0067025_2215968.jpg

中に入ると、一応ドアによって4つの部屋にわかれているものの、そこはまさしく馬小屋。
それもそのはず、当時は厳しい寒さをしのぐために、動物たちと一緒の部屋で生活していたそうな。すごい。
部屋の奥に藁がしかれた動物の寝床があって、その同じ部屋にテーブルとか置かれていたりして。そのテーブルの横には、アンティークのベビーベッドがあって、なんとこのおじいさんがその中で寝ていたという。
他にも、よーく家中をみるとアンティークの宝庫。この家の200年の歴史を感じました。

この歴史博物館みたいな家で、当時の人々のくらしぶりを垣間みれて、なかなか興味深かったです。
[PR]
by biquette | 2006-02-25 23:38 | おでかけ
体の芯からあたたまる
c0067025_23565740.jpg

[PR]
by biquette | 2006-02-23 23:57 | おでかけ
たくみの技
c0067025_2312030.jpg

この日は隣村のSt-Veranをお散歩。
ここはどうやらヨーロッパで最も標高の高いところに位置する村らしい。

小さな村の入り口にCoutellerie(刃物屋)というこれまた小さな看板が掛かっているのを見つけたので、ちょっとひやかすことに。
道から少し外れたところに、ちょこんとアトリエがあり、そのドアを叩くと仕事中の男性が手を休めて丁寧に応対してくれました。

アトリエの中には、たくさんの道具が所狭しと置かれていて驚いたけれど、鋼に刃をつけるところから仕上げまでの全行程を彼がたった一人で行うということを聞いて納得。

c0067025_2285074.jpg
ナイフを見せてもらいながら、いろいろ話をきくことができました。
本当にこの仕事が好きなんだなぁ、というのが言葉の端々から伝わってきて、この人の作る
ナイフなら長く使っていけそうだなと思い、一番下のクルミの木の柄のナイフを購入。
折たたみナイフなので、ピクニックする時に便利そう。
ちなみに刃のところに、にわとりが星をつついている絵が彫ってあるのですが、これは空に最も近い=標高の高いこの村のシンボルみたいなものだそうです。
[PR]
by biquette | 2006-02-21 23:13 | おでかけ
雪~!?
c0067025_23155326.jpg


さて、今回の楽しみのひとつだったのがスキー。
前日の夜に降ってくれたので、朝はなかなかよいコンディション。
でも、このあと晴天が続き、気持ちはよいけれど、肝心の雪が、、、、。

結局滞在中に2度滑っただけでしたが、頂上からのすばらしい景色を十分満喫しました。
上の写真はこの日のリフトの最上地点、標高2900mからの景色。

雪国育ちのくせにあまり得意でないスキーが楽しみなのは、実はスキーよりも、この景色を堪能するため。
ここは初めて来たけれど、地域指定自然公園(とでもいうのか?)になっているらしく、やたらロッジやホテルを増設することができないため、ピーク時でもそんなに混まないらしい。
しかも、我々が来たのはヴァカンス前とあって、ゆっくりと広いゲレンデを、時には迷いそうになりながら降りることができました。

余談ですが、フランスのスキー場で唯一苦手なもの、、、
それがTire fessesという簡易リフト。ケーブルから長い棒がぶら下がっていて、先にはお尻を支える程度の円盤(?)がついているのですが、要はこの棒にまたがって自分のスキー板を滑らせて登っていくというもの。
もうね、その登っていく様は、まるでほうきにまたがる魔法使い(笑)
初めてこれで登った時はひたすら振り落とされないようにつかまって、両手と背中に汗かきました。。。未だにシーズン初回は緊張してたりします。
これってもしかして日本にもあるのかしら???
[PR]
by biquette | 2006-02-18 01:39 | おでかけ
南アルプスへ
c0067025_0293431.jpg


世間がスキーヴァカンスに入る前に、南アルプスに行ってきました。
我々が目指すは、グルノーブルから更に車で3時間ほどのイタリア国境近くの村。
心配した雪(一部高速が閉鎖された地方もありました)もこちら側はまったくなく、ひたすら、目の回るような山道をのぼって着いたところは、標高1700m。
この日は天気が悪かったため、上の写真のようになんだか水墨画の世界のような、侘びさびの景色が目の前に。

ホテルに着いた時にはすでに日が暮れていたので、部屋でゆっくりよるご飯を待つことに。
今回泊まったホテルは、Chalet-Hotelという、民宿みたいなアットホームな宿。
demi-pension(朝食、夕食つき)にしたので、決められた時間になったら食堂におりていきます。

c0067025_0583828.jpg

なんてことはないけれど、不思議とくつろげる空間でした。
壁にはかわいらしい刺繍の額が飾ってあったり、食後に一服できる暖炉があったり。
数日泊まれば、宿泊客も顔なじみになり、食事の前後にお話することもしばしば。
ほとんどの方が毎年くるリピーターのようでした。
お料理は、、、、まぁ、値段相応。
それでも、毎日料理は違うし、前菜、メイン、チーズ、デザートときちんとサーブされます。
地元のチーズのプラトーとフロマージュブラン(ブルーベリーのソースつき)は毎晩の楽しみでした!

さて、翌日はいよいよ、、、(つづく)
[PR]
by biquette | 2006-02-10 01:14 | おでかけ
Vezelay
住んでしまうと、案外その土地の名所などに行かなかったりする。
Vezelay(ヴェズレイ)もブルゴーニュに来たなら是非とも訪れたい村の一つだが、
やっと訪れる機会がやってきた!

ここはスペインのサンティアゴ=デ=コンポステラへの巡礼の旅の要所になっている。
  村の中心にあるロマネスク様式のサントマドレーヌバジリカ教会
c0067025_2333819.gif

  教会の裏手にまわると・・・
c0067025_23341290.gif

  そこから見下ろす典型的なブルゴーニュの田舎の風景
c0067025_23381541.gif

  教会を少し下ったところにあったカフェ。その昔お遍路さんが寝泊まりしたところ     を改装したらしい。
c0067025_2339301.gif


町全体が中世にそのままタイムトリップしてしまったかのよう。
この日、カフェで休憩したあとはお日様のご機嫌がななめになってしまい、十分に散策できなかったのが心残り。
この辺はシャブリからほど近いワイン産地でもあるので、次回は是非この村のワインも味わいたい。
[PR]
by biquette | 2005-10-30 23:46 | おでかけ
ブルゴーニュ風晩餐会
vougeot村の畑の中にどーんと構えるclos de vougeot(クロドヴージョ)
12世紀にシトー派の修道士によって建てられた修道院で、彼等の功績によってブルゴーニュワインの名声が広がったといっても過言ではありません。
現在はcofrerie des chevaliers du tastevin(よくブルゴーニュワイン騎士団と訳されるようですが)というブルゴーニュワインの普及を目的に結成された協会の所有となっています。
その歴史ある建物で催された晩餐会に運良く足を踏み入れることができたので、ちらっとこの場を借りてご報告。

c0067025_631753.gif


会場(食堂)は元ワイン貯蔵庫だったところ。その夜はなんと600人近く集まったのですが、ながーい木のテーブルに向かい合うように席が設けられ、両隣の方々とは肘が触れ合うくらいの親密度(笑)
しかし、この雰囲気が皆で美味しいワインと料理を楽しもうという気分を盛り上げてくれます。

さて肝心の料理、というより圧巻だったのがそのサービス。
なんと前菜以外の全ての料理が大皿に盛られ、給仕人が個々のお皿に盛り付けてくれるのです。しかもチーズも何種類か盛ったプラトーから好みのものを切り分けてくれるというこだわりよう!!なにせ、その日の客人は600人ですからね〜、給仕人のきびきびとした動きは目をみはるものがありました。

そして、今回実は楽しみにしていたのが、Les cadets de Bourgogneと呼ばれるおじさま達(左上の写真)。
彼等はブルゴーニュワインにまつわる歌をそのすばらしい歌唱力をもって披露しつつ、時にはユーモアのあふれた小ばなしを交えて、宴を盛り上げてくれるのです。
フランス版たいこ持ちといったところでしょうか(?)
その愉快な歌声とともに食事は楽しくすすみ、皆が打ち解け、デザートの頃には自ずと歌を口ずさむ始末。

冒頭に晩餐会と書きましたが、全く仰々しくなく、むしろ暖かな雰囲気の中、卓を囲んだ全ての人が幸せな一時を過ごしたことと思います。
外国人の私も改めてフランスの食文化の懐の深さを認識した次第です。

*その日のメニュー*()はワイン

Les Cassolettes d'escargots de Bourgogne en feuillete
(Bourgogne Aligote des Hautes-Cotes 2003)

Les Supremes de Sandre au Verjus
(Pernand-Vergelesses 1998)

Les Sot-l'y-laisse de Voraille a la Lie de Vin
(Bourgogne Hautes Cotes de Beaune 1998 Tastevine)

Les Bons Fromages de Bourgogne
(Geverey-Chambertin 1999)

Les Fruits Rouges Glaces en Tastevin Nougatine
Les Petits Fours
(Cremant de Bourgogne)

Le Cafe Noir et Chaud
(Le Vieux Marc et la Prunelle de Bourgogne)
[PR]
by biquette | 2005-10-20 06:08 | おでかけ