今日のおいしい話
by biquette
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧
Muguet
c0067025_1954677.jpg今朝は快晴!久しぶりのおひさまに、気分も軽やかにマルシェへ。
週末でお天気だとすごい人。いつにも増してにぎやかな朝。いいね〜。
そして、今日はそこかしこで、muguet=スズランを売りにきている人達を見かけた。
フランスでは5月1日に春の訪れの象徴であるスズランを親しい人に贈る習慣がある。
何かと花を贈ることが多いフランスだけど、こういう習慣ってやはりステキだなぁと思う。


c0067025_1962361.jpg
まだつぼみのものが多いけど、いい香り。これなら明後日まで大丈夫(笑)。
そういえば、花売りのおばちゃんはこのスズランは幸運を呼ぶんだよ、って言ってたけど、ほんと?
[PR]
by biquette | 2005-04-29 19:24 | 季節もの
Salsifis
c0067025_095318.jpgSalsifis(サルシフィ=西洋ゴボウ)は、本当はもう終わりの季節なのですが、今期最後と思われるのを先日のマルシェで見つけて、思わず1キロ買った次第。
これ、ゴボウといっても日本のものとは全然ちがいます。
まず太い!そして何よりあくの強さがただ者ではない!!中は真っ白なのですが、皮をむいたそばから茶色に変色していきます。おまけにあくがボンドのように手にくっつくので、タチが悪い。でも、そんな頑固なやつなのに、火を入れるとほくほくして、日本のシャキシャキした繊維っぽいのがほとんどなく、やけに丸い優しい味になるんです。クリーム系との相性もよいです。


c0067025_0272559.jpg
そして、今日はどうしてもさっぱりした感じにしたかったので、下ゆでしたものを思いつきでバルサミコ酢風味に炒めてみたら、あらおいしい!
残りの使い道を考えるのが楽しみになりました♪
[PR]
by biquette | 2005-04-27 00:08 | ごはん
Les halles de Dijon
c0067025_2153421.jpgc0067025_3144252.jpg











ディジョンの屋内市場は、それまで市内の広場に散在していた青空市場を、屋根の付いた一つの建物に集結させるのを目的として建てられました。現在のスーパーの原型といったところでしょうか。
その屋内市場建設にあたり設計図を募った結果採用されたのが・・・・

なんと
[PR]
by biquette | 2005-04-26 21:56
Tarte au citron
c0067025_20503486.jpg

フランスに来て好きになったお菓子のひとつ。
まちのお菓子屋さんにはどこでもあるようなポピュラーなタルト。
このお店のは、レモンクリームの酸味が好みで、タルト生地もいつもしっかり香ばしくやいてあるのが気に入っている。
メレンゲつきと、無しの2種類あるけれど、いつもメレンゲ付きを買ってしまう。下のクリームの酸味がけっこうしっかりしているので、メレンゲのふわふわした甘みとでちょうどよいのだ。以前の私だったら、絶対メレンゲなししか買わなかっただろうな。

アールグレイを丁寧にいれて、ゆっくりティータイム。
[PR]
by biquette | 2005-04-24 21:02 | おやつ
Maison Milliere
ディジョンのノートルダムは以前紹介した仕掛け時計以外に、教会の北の壁に彫り込まれた幸運を呼ぶフクロウ(chouette)で有名です。
私のまわりのディジョンっ子によると、いろいろ作法(?)があるものの、どうやら左手でフクロウにさわると幸運が訪れるというのは共通しているようです。(中には願い事をしている人もみかける)
さて、そのフクロウの横を通り過ぎると、めざす建物が現れます。

c0067025_16592227.jpgmaison milliere
1483年に商人ミリエールさんによって建てられたものです。
歴史的建造物に指定されていて、正面の石のベンチ(待合い席のように使われていたらしい)など、当時の様子が垣間見られてタイムスリップした気分です。
また、ここは映画「シラノドベルジュラック」の撮影にも使われたことで有名です。
現在、1階は土産物屋とカフェになっていて、裏庭でお茶することもできます。

c0067025_17004.jpg
裏手から階段を上がると、サロンドテが。
ここでは簡単な食事もできるほか、ティータイムは禁煙のサロンとして使われています。ディジョンにいらっしゃる方には是非おすすめのカフェです。




c0067025_1702312.jpg
おまけ
ここの屋根を見上げると、にゃんこが!
これ、作り物ですが、猫の視線の先にフクロウ(と思う)が見えるのがなんともユーモラスだと思いませんか?
[PR]
by biquette | 2005-04-23 17:31
新じゃが
ここフランスにももちろん新じゃががあります。
皮付きでまるごとほくほくのおじゃがをほおばるのって、
イモ好きにはたまりません。
とりあえず今日はシンプルにオリーブオイルをふりかけてオーブン焼きに。
熱々に、アンチョビとパセリのみじん切りを和えて。

これ、はっきりいっておつまみです。こんな日に限って冷蔵庫に冷えた
飲み物が無いなんて・・・(最近寒かったからね)
おかわりしたときに、なんとなく目があったレモンをちょっと搾ってみた
のもおいしかったです。
c0067025_21485636.jpg

明日は肉みそでたべよ〜っと。
[PR]
by biquette | 2005-04-21 21:53 | ごはん
グリーンアスパラのスープ
昨日マルシェに行ったら、アスパラの値段が軒並み下がっていた!
グリーンアスパラが1キロ2ユーロだったので即買い。
とにかくいっぱい使えるので、スープにしてみました。
タマネギとベーコン、それにとろみづけのためにじゃがいもを少しいれて煮ます。
最後に生クリームと牛乳を加えて、バーミックスにかけてできあがり。
(更になめらかさを追求する場合は裏ごしします。冷製のときはその方がいいかも)
せっかくのグリーンアスパラのきれいな緑色がすっかり飛んでしまって、ちっとも春らしくなかったので、茹でた穂先を添えてみました。
このスープ、5月になったら冷製でいただけるようになるかな?
c0067025_2114168.jpg

[PR]
by biquette | 2005-04-20 21:30 | ごはん
patatiere
c0067025_192683.jpg
先日通りがかったお店のディスプレイ。
赤と白のギンガムチェックが目を引き、家のキッチンには甘すぎだけど、やっぱりかわいいな〜と思って見ていたら、下の方にこんなものが・・・


c0067025_194626.jpg
これ、じゃがいもを入れておくための籠なんです。Patatiereっていうんですね。
常にじゃがいも2〜3キロは常備している我が家。こんなのに入れてあげたらじゃがいももうれしいだろうな。あ、でも他の野菜達が嫉妬するかも(笑)
ちなみに横の小さいのはタマネギ用です。
[PR]
by biquette | 2005-04-20 01:30 | キッチン仲間
Nougatine au cafe
昨日、友達が持ってきてくれたケーキ。
c0067025_21243035.jpg

普段あまりバタークリーム系のケーキは買うことはないのですが、自分で買うと
やっぱり似たようなものばっかりつい買ってしまいがち。
だから、お土産に持ってきてくれるケーキって自分にとって新鮮なチョイスで、
それが楽しみだったりします。

今回も然り。バタークリームにコーヒー風味がきいていて美味しいうえに、ナッツ
好きの私には表面のクラッシュナッツの入った飴がまさにツボ。下の生地はどうも
ダックワーズのよう。
珍しく昼に我が家でコーヒーを煎れたおやつタイムとなりました。
[PR]
by biquette | 2005-04-18 21:42 | おやつ
Boeuf carotte
今回の主役は・・・

c0067025_191332.jpg


Boeuf carotte=牛肉人参、なんとも単刀直入なネーミングですが、本当にそのままの料理。
日本で言う肉じゃがみたいな素朴な家庭料理で、お肉をひたすら人参と一緒に煮ていきます。ただ、ここで使う人参の量が半端じゃありません。最低肉の1,5倍の人参を用意します。これは馬のえさか何かか?、とひるんではいけません。この料理、基本的に水は一切使わず、人参からでる水分だけで肉を煮ていくのです。ですから、火もとろ火で人参に汗をかかせるようにして煮込んでいきます。

おおよそ3時間後にはとろっとしたお肉と、かさも半分以下になったあま〜い人参の付け合わせが同時にできあがり。
c0067025_2023682.jpg

おいしい人参が二束三文で売られているフランスならではの料理かもしれませんね。
[PR]
by biquette | 2005-04-17 20:29 | ごはん