今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ご褒美
先週いっぱいがんばった自分へのご褒美として、土曜日の夜はお気に入りのレストランで食事をしてきました。

このレストランはディジョンから車で10分ほど離れた静かな村の中にあります。
ここのマダムがまたとても気さくで楽しい方なので、行くたびに美味しい料理と心地よいサービスですてきな時間を過ごさせてもらっています。

さて、今宵のメニューは

付きだし:メロンに生姜のソルベ、スモークサーモン
前菜:グリーンアスパラガスのサラダ フォワグラソース
主菜:すずきのグリエ または 鴨の胸肉のローストと手長エビのベニエ
c0067025_16513697.jpg

ワゴンサービスのチーズ各種:ブルゴーニュ地方のチーズが中心のなかなか面白いセレクト
小さなデザート:アニス風味のアイスクリーム
デザート:フレジエ、カシス風味のフィナンシェ、ティラミス、チョコレートムース
c0067025_2042546.jpg

お茶菓子盛り合わせ

どれも、とっても繊細な盛りつけで見た目も美しいうえ、おいしい!

今日も大満足でお店をあとにしたのでした。
[PR]
by biquette | 2005-05-30 21:57 | ごはん
タルト*リベンジ編*
c0067025_22413418.jpg


前回失敗したルバーブのタルトにもう一度挑戦!
失敗をふまえて、今回は卵を全く使わないことにして(極端やなぁ)、フロマージュブランに生クリーム、それにコーンスターチを少量加えてクリームを作る。
更に今回は、友達に教えてもらったように、相性の良いいちごも一緒に投入。
いざオーブンへ!

オーブンの中からは、甘酸っぱいいい香りがただよってくる〜〜。

30〜40分後、どうやら焼き上がったよう。
早速ちょっとだけ味見。
今回のはなかなかイメージ通りのできかも。ちょっと見てくれは今いちですが。
苺とルバーブの相性は噂通りのおいしさです!
このタルト、クリームが濃厚なので冷やして食べた方がおいしいかもしれません。

また近いうちにこのタルトをリピートしそうな予感。
[PR]
by biquette | 2005-05-22 23:03 | おやつ
ハーブの苗
c0067025_4474856.jpg


この時期にはマルシェに、ハーブやトマトの苗を売りに来るスタンドがいくつか出る。苗専門に売りに来る人もいれば、普段は野菜を売りに来ている農家さんが、脇でじぶんとこの苗を売っていたりもする。
道を行き交う人達の中には、大きな木箱にいっぱい苗を抱えていく人も。フランス人もわりと庭仕事が好きな人が多いから、今月は庭いじり月間だろうな。

さて我が家も、どうせ同じ値段なら生産性のある根っこ付きの苗を買ってみるか(ケチくさいね)、ということでシブレット、タイム、エストラゴンなんかを物色しにいったつもりが、なぜか持ち帰ったのはプチトマトの苗・・・。
アパート住まいだというのに、いくら多少日当たりが良いところに置いたところで、ほんとにちゃんと育つのだろうか???うちの屋内ミニガーデン(相方担当)の新入りの成長を陰ながら応援しようと思う。
で、私は来週こそハーブを買うぞ!
[PR]
by biquette | 2005-05-21 05:25
Carafe
c0067025_17361654.jpg


ノートルダム寺院の裏側に(以前紹介したmaison milliereを更に進んでいくと)通称アンティーク通りという、骨董商が軒を連ねる一帯がある。
ここらの建物も木組みでできており、地区そのものがアンティークといった感じだ。
普段特に用事がなくても、その雰囲気に誘われてふらりとすることが多い。ウインドウを見ながら、あんなテーブルやチェストを置いたらステキだなぁ、などと妄想をめぐらすのもまた楽しいものだ。

上の写真もその中の一軒のウインドウ。
凝った細工のCarafe(ワインをうつすためのデカンタ)に目を奪われて、その下を見ると、ずらっと並べられたデカンタの蓋。
こうやっていろんな形が並べられている様は、宝石みたいでとってもきれい。
[PR]
by biquette | 2005-05-18 17:40
Pentecote
日曜日はPentecoteという、これまたキリスト教徒の祭日でした。
Paquesといえばチョコレートですが、どうやらこのPentecoteのお菓子もあるのを今年初めて知りました。それが、これ。
c0067025_17424557.jpg

平和の象徴のハト(la colombe)を飾ったアーモンド風味の焼き菓子。生地にメロンの砂糖漬けとオレンジのお酒をいれるようです。Gateau de pentecote とかLe Colombierとか呼ばれています。
こんな可愛いお菓子を買わずしてその場をさることができず、一番小さいのを買ってみることに。一緒に、白いハトにまつわるブルゴーニュ地方の言い伝えみたいなお話が添えられていました。
それによると、その昔、ブルゴーニュ公国のお姫様がPentecoteの朝に白いハトをお部屋の窓から見られたそうで、その次の日にフランドル王国の王子様とのご結婚が正式に発表されたそうな。以来、Pentecoteの朝に白いハトを見た女性は年内に結婚すると言い伝えられるみたいです。
宗教とはどうやら全然関係ないようですが、こんな言い伝えがあるんですね。

おまけ
[PR]
by biquette | 2005-05-16 18:19 | 季節もの
Colombo
c0067025_21235754.jpg

今日は朝からチキンカレーな気分。
グリーンカレーは最近やったし、今回はColombo風にすることに。
現地のものを食べたことがないので分からないのだが、フランスでコロンボ(スリランカ)風といえばカレー風味のもので、ココナツミルクを使って仕上げるのでかなりマイルド。最初に肉をレモンとか酢なんかでマリネしておくのがポイント。

さて、肝心のスパイスだが、今回は市場のスパイス屋にて調達してきた。
ここでは胡椒、丁字、チリ、クミン・・・などそれぞれ麻袋に入ったものを量り売りしてくれるのだが、その一角にお店でブレンドされたスパイスが並んでいる。これらは、クスクス用とかタンドリーチキン用とかいった具合に料理の名前が付けられている。その中にお目当てのColomboもあるというわけ。
Colomboはクミンやウコンをメインにしたブレンドだと思うのだけど、まずはこのブレンドをベースにして、慣れてきたら自分なりのさじ加減で調整してみるのもいいだろう。

今回はズッキーニとなすとジャガイモを入れて作った。本場のものも一度あじわってみたいなぁ。
[PR]
by biquette | 2005-05-15 23:27 | 食材
今日のおやつ
c0067025_19151631.jpgお菓子屋定番のパリブレスト。一口友達のをいただく。それで十分満足できるくらい濃厚なプラリネクリームがこれでもかというくらいびっしり詰まっている・・・いや詰めすぎ!

c0067025_19161874.jpgこちらはTarte normande。ノルマンディー風というのはたいがいリンゴを使ったものに付けられる。これも然り。ごろんと入ったリンゴのコンポートとカスタードクリーム、その上にシブーストクリーム。メレンゲいっぱいなのか、めちゃくちゃ軽い口当たり。りんごと薄いパイ生地といっしょに、ふわわわ〜。
[PR]
by biquette | 2005-05-12 19:57 | おやつ
フランスの日本
先日いつものようにぶらぶら歩いていると、家の近くのキッチン用品店のディスプレイに・・・
c0067025_17144736.jpg

和包丁だ!?出刃と柳刃かなんかみたいに見えるけど?
しかも名前が和寂(わさび)って、渋いね〜。そういえば、俳句とかいう感じの名前のついた和包丁もどきも見たことがある。
これ切れ味、その他どうなのかな???

そして、このお店で以前私が買った物
c0067025_17201148.jpg

これ、包丁研ぎなんです。本当はこの手のタイプは包丁の刃を傷めるらしいので、日本の砥石が一番よいのだろうけど、何せお手軽に使えるのでこれで済ませてしまっています・・・
ちなみに、これはドイツのSOLINGENのもの。なかなか安定感があって研ぎやすいです。
[PR]
by biquette | 2005-05-11 17:27 | キッチン仲間
骨付き仔羊
c0067025_4413752.jpg

骨付きのお肉が大好き。
特に仔羊の骨付きのまま焼いたのにかぶりつく幸せときたら。
初めて羊を食べたのは、北海道のおばあちゃんの家のジンギスカン。あれはきっと大分大きな羊だったのだろう、その独特の匂いが鼻についてあまり好んで食べなかった。
それから○年、フランスの仔羊を初めて食べたときは、同じ物とは思えないほどその美味しさに感動した。特にその脂の何とも言えない甘みが好き。
今回は焼いたものに、パセリソースで。
一緒に添えたのは赤ピーマンの即席コンフィ。レモンの皮の千切りを香り付けに入れたのがポイント。
手をベトベトにしながら完食!(笑)
[PR]
by biquette | 2005-05-10 05:08 | ごはん
ワイン街道 Marsannay~
c0067025_5221072.jpg

ディジョンから国道74号線を南に下っていき、Chenoveを過ぎたあたりから、目の前にブドウ畑が広がる。
この国道から丘の方に少しあがったところに、Route des Grands Crusという、畑の真ん中を走る、いわゆるワイン街道なるものがある。この街道をたどっていくと、ブルゴーニュワインを生み出す小さな村々を通っていくことになり、ブルゴーニュワインという1種の高級ブランドのイメージとはかけ離れた、素朴な田園風景を楽しむことができると思う。
写真は街道の始まりに位置するMarsannay村とその横のCouchey村。
c0067025_5471688.jpg

どの村も教会を中心としたこじんまりした村だけれど、それぞれ違った顔があり、もちろん作り出されるワインは全く別物。
いつもはほぼカーブに直行で、あまり村をゆっくり散策することがないのだけれど、小さな村にはいろんな歴史が流れている。
村が作り出すワインだけでなく、村自体の魅力にもう少し目を向けてみたい。
[PR]
by biquette | 2005-05-09 05:58 | ワイン