今日のおいしい話
by biquette
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
ごはん
チーズ
ワイン
おやつ
食材
キッチン仲間
季節もの
おでかけ
未分類
以前の記事
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
more...
LIENS
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
us copyright..
from us copyright l..
adult sexy v..
from adult sexy ver..
nims ics
from nims ics
alpine homes..
from alpine homes i..
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
una ragazza ..
from una ragazza ed..
self publish..
from self publishin..
starting wit..
from starting with c
flash-mx
from flash-mx
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
水遊び
c0067025_18334130.jpg

毎日暑い日が続いています。
ディジョンの街の中にいては、余計暑さがこたえるので、相方の田舎に涼みに行ってきました。
ジュラ地方の片田舎にある家の裏には川が流れていて、相方も小さい頃にはよく泳ぎにきたそうです。日曜日も地元の子供連れの家族がいっぱい来ていました。
川の水がとても冷たくて気持ちのいいこと!
中には、釣りやカヌーを楽しんでいる人も。それから、少し大きな子供たちが橋の上から次々と飛び降りているのにはびっくり。のどかな田舎の風景をバックにまるで映画のワンシーンのようでした。
私達も、川辺で即席のお弁当を広げてピクニック。少し泳いだり、石の上でぼーっとしたり。川の流れをみているだけで、30度を超える暑さから解放された気分になれるのだから不思議です。

未だに冷房がないお家が多いフランス。でもこういう風に夏を過ごすのも悪くないかも!?
c0067025_18372087.jpg

[PR]
by biquette | 2005-06-27 19:12
エイ
日本では水族館では見たことがあっても、魚屋では見たことがなかったエイ。
フランスの魚屋にはエイひれが切り身になって売られています。
今日はさっぱりとサラダ仕立てで。


c0067025_6305821.jpgまずエイひれはクールブイヨン(セロリ、人参、タマネギなどの野菜のブイヨン)で煮ます。火が通ればバットにあげて、少し冷めるのを待ってから皮をむいて、上下の身をはずします。この黒い皮なんかブツブツしてけっこうグロテスクですが、おもしろいくらいスルッとむけます。身はひれなので棒状です。


c0067025_6352911.jpgゆでたジャガイモ(別になんでもいいんですが)とたっぷりのハーブ(おすすめはセルフィーユと香菜。その他お好みで)と一緒に盛りつけてできあがり!ドレッシングはクルミオイルとバルサミコ酢でつくってみました。

エイひれは、とってもゼラチン質(?)が豊富で、火を入れてもジューシーで美味しいです。それから、ハーブもこうして食べると、飾りではなく本当にサラダのようにパクパク食べられます。
[PR]
by biquette | 2005-06-25 06:49 | ごはん
ナスのキャビア
最近狂ったようにナスを食べている我が家。
こちらのナスは小さいものでも米ナスくらいあるし、大きいものは長さ30センチはあろうかと思われるくらいのおばけなすび。
ナスを使った料理もいろいろあるけれど、今日はCaviar d'aubergine(ナスのキャビア)というのをご紹介。

ナスは洗って半分に切ったものを、塩とオリーブオイルをふりかけてオーブンで焼きます。焼き上がったら皮をむいて、ロボにかけて、レモン汁、塩、オリーブオイルで味を調えてできあがり。
ようは、ナスのピュレなんですが、ナスの種のブツブツがキャビアみたいということなのかな?・・・ちょっと無理があるような・・・

できあがったピュレは温めて肉や魚の付け合わせにしてもよいし、冷やしてガーリックトーストの上にのせておつまみにしてもおいしいです。
私は今回は後者のほうで。さらに上に生ハムの刻んだものをのせてみました。
なんとなく洋風焼きナスという感じ???とにかくワインがすすみます(笑)
c0067025_18544281.jpg

[PR]
by biquette | 2005-06-22 18:56 | ごはん
捏ねる
やりたいと思いつつ、なかなか重い腰があがらないパン作り。
発酵はさせるものの、一次発酵のみで失敗してもそれなりにできあがるらしいピザ生地に挑戦してみました。
日中は30度を余裕で超える真夏並みの今日このごろ。生地を捏ねる間にじわ〜っと汗をかいていい運動(笑)。発酵も室温で余裕です。
そしてできあがりました!
c0067025_561233.jpg

今回はトマトとモッツアレラを乗せて焼き上げて、その上にルッコラと生ハムをてんこもり。
焼きたてのピザっておいしいですね。意外に簡単にできたので、これからはピザもうちの定番になりそうです。

そして次の日。
beau_tableauさんのところで見て以来、ずっと食べたかったカレーパン!!同じ生地で作れるとあったので、作りましたとも。
うまく具が包めなくて餃子みたいな形をしていますが、これまた揚げたてはうんま〜い!!!
フランスで自作のカレーパンを頬張る自分にしばし感動。
c0067025_5192341.jpg

[PR]
by biquette | 2005-06-20 05:21 | ごはん
いろんなトマト
c0067025_634742.jpg

トマトの種類もたくさんあるフランス。
こちらのサイトでkumatoという名前のトマトが紹介されているのを見て、ここにもないかなぁとマルシェをぐるっと一回りしたら、ありました!

上の写真の手前右がそのkumatoです。
この食欲減退しそうな色がパッと目を引きます。そして値段も普通のトマト(写真手前左)よりも高い!どうも最近新しくスイスでできた新品種のようです。
味は・・・別に特筆すべきほどではありませんでした・・・。

そして、写真奥にあるのがmarmandeというフランス生まれのトマト。大きさは普通のトマトより随分と大きく、深く入った溝とぺちゃんとしたところが特徴。
今日はこのトマトを使ってトマトファルシ(肉詰め)に。
c0067025_6332977.jpg

このトマトファルシのお肉、こちらではお肉屋さんやシャルキュトリで、ファルシ用として売られています。しっかり味付けされているので、あとは好きな野菜に詰めるだけでOK。焼いたトマトは甘みが増してとても美味しかったです。
[PR]
by biquette | 2005-06-15 06:41 | 食材
Gilly-les-citeaux
日曜日は、友人の住むGilly-les-citeauxという村でお祭りがあるというので、出かけてきました。
c0067025_0103789.jpg

村の住人主催で、村内の3件のお宅のりっぱな庭や教会を使って、コンサートや朗読、エキスポジションが行われていました。

今までは塀に隠れて見たことがなかったお隣さん家のお庭。なんとも不思議な感じがしましたが、どのお庭もと〜ってもステキでした。大々的な宣伝なしの催しなので、こじんまりとアットホームな雰囲気で、どちらかというと町内会的なのもよかったです。

そうして、村の会場をあちこちまわっていると、かわいらしい村の女の子がパニエを持って、道行く人に声をかけてはそのパニエを持たせています。どうやら、このパニエの重さを言い当てた(一番近い人)人にパニエの中身を賞品としてくれる、というゲームのよう。おもしろそうなので我々も参加することにしました。
優勝者はお祭りの最後に発表とのこと。

さて、結果は?
[PR]
by biquette | 2005-06-12 00:04
Tripe
c0067025_69171.jpg


さてこれは何でしょう?
好きな方は、ひだひだでピンとくるはず。

そう、牛の胃です。でも、ここでおやっ?と思うのが、テリーヌ型のその外見。
牛の胃は煮込んで食べることが多いフランスで、あまり見かけたことがなかったテリーヌ。

どうやって食べるの?
[PR]
by biquette | 2005-06-11 06:38 | 食材
ヨーグルト選び
スーパーでヨーグルト売り場をのぞくと、その種類の多さにびっくりします。
いろいろな種類のフルーツヨーグルトの他に、チョコレートやキャラメル、ヴァニラなどのフレーバーもあったりして、選ぶのが大変です。

その中で、最近私の気に入っているヨーグルトをご紹介。
c0067025_20272253.jpg
これは、VraiというBIOの乳製品シリーズのヨーグルト。500mlの瓶に入っていて、写真のはバニラ味(他にnatureもあり)。最初はフルーツ系以外のフレーバーに抵抗があったのですが、これを食べたらやみつきに。Vraiってフランス語で”本物の”という意味があるんですが、その通り、本物のバニラビーンズが入っています!贅沢だな〜。
さらに、Brasse(かきまぜるの意)なので、口当たりが非常になめらかなのもポイントです。


c0067025_20395523.jpg
こちらはマルシェのお気に入りのcremerieのもの。
フレーバーはブルーベリー、イチゴ、チェリー、洋なし、フランボワーズ、アプリコット、リンゴ&シナモンがあります。
濃厚なミルクの味わいに、果肉入りの自然な果物の味わいがおいしい。
私がよく買うのはブルーベリーとアプリコットです。
[PR]
by biquette | 2005-06-10 20:47 | 食材
いちご・イチゴ・苺
c0067025_17362914.jpg

5月の終わり頃から地物のいちごが出回っていましたが、もうこれで今シーズンは最後のよう。
毎年買っているAuxonneの農家さんの苺は土がついたまま売られていて、まさにもぎたて!で、品種はどうやらあのガリゲットですが、味わいは似て非なるもの。こちらの方が、いちごの風味が男っぽいというか、土っぽさ(いやしっかり洗ってますよ、もちろん)とか、やや鉄っぽい感じがするのです。
と、御託を並べてみましたが、おいしいのに変わりはありません。

そして、このおいしい苺、いくら最後で名残惜しいとはいえ、相方が買ってきた量をみてびっくり!なんと5キロですよ!!!うちって2人家族でしたよね、確か・・・汗。
おいしい苺さんたち、完熟で収穫されているため、あしもはやいので、うだうだ考えている暇はありません。とにかくひたすら下処理して、結果・・・・
ージャム10瓶
ー苺のムース6人分
ー苺ソース1リットル
残りはもちろんそのままで。

と、ここまでして、苺ってそのまま冷凍できるんですね・・・。
ええ、今年はもう十分苺は満喫いたしましたです。来年までさようなら〜。
[PR]
by biquette | 2005-06-07 17:36 | 季節もの
Didierのおうち
今日はディジョン郊外に住むディディエのお家にふらっと行ってきた。
彼の住む家は、なんと手作り!
数年前にお化け屋敷みたいな家を破格で買い、当時の彼女とこつこつと作り上げたお家。
c0067025_16475759.jpg


この辺ではあまり見かけない赤煉瓦の家。なんだか3匹のこぶたのおうちっぽい。裏には林が広がり、1日に朝夕2度は愛犬と一緒に散歩をするのだそうだ。
ちょうど庭仕事をしていた彼が、自家菜園を案内してくれた。じゃがいも、人参、サラダ菜、トマト、ルバーブ、フランボワーズ・・・なかなかたいしたものだ。
多少の不便さはあるものの、この地での暮らしを満喫している彼。
私にはこういう風に暮らすほどの気構えはまだできていないので、彼の家に遊びに来ることで十分満足させてもらっている。

庭でお茶をいただいた後、お隣の乗馬クラブの馬たちを見学させてもらった。
ブルゴーニュにはたくさんの乗馬クラブがあり、競技だけでなく、森の中を馬でお散歩したりするのだそう。
馬も人もなんてのびのびしているのだろう。

帰り際、庭のきれいに咲いたバラ(白いのはとってもよい香りだった!)とサラダ菜を持たせてくれた。ありがとうディディエ!
[PR]
by biquette | 2005-06-05 06:04